韓国旅行は美味しく!韓国のLCC航空会社の機内食を比較してみた♪

旅行

韓国LCC航空会社

韓国旅行は飛行機を乗ることからスタートしますね!

海外旅行の楽しみと言えば、まず最初は「機内食」ではないでしょうか?

しかし、基本的なサービスは提供してもそれ以外を減少して費用を削減するLCC(格安航空会社)を選択したら、機内食は無料で提供されないから少し残念な気もします ( ͒˃̩̩⌂˂̩̩ ͒)

機内食をお金を払って食べないといけないLCCですが、結論から言うと、1度はお金を払って食べてみてもいいと思います。

その理由は、これからの記事を読んでいただいたらお分かりになるでしょう。

それでは、早速、韓国のLCC航空会社の機内食を確認してみましょう!!

多様なコンセプト『JEJU air(チェジュ航空 / 제주항공)』

チェジュ航空

韓国に良く旅行に行く人、もしくは東方神起が好きな人は聞いたことがあるチェジュ航空。

チェジュ航空の機内食は本当に多様なコンセプトのセットメニューがあります。

チェジュ航空機内食

まず、実際にパイロットやCAさんが食べる機内食をそのまま体験できます。

ただこの2つのメニューは、日替わりなので、事前にどんなメニューが出るかは分かりません (⁎˘•ω•˘⁎ )

チェジュ航空機内食

他にも、チェジュ(済州)と言えば、黒豚が有名ですね!

黒豚で作ったメニューの機内食やステーキと赤ワイン、プルゴキ丼、キッズメニュー、ビビンバなども販売しています。

また、チェジュ(済州)を拠点に成長した航空会社らしく、チェジュの特産品であるみかんをベースにしたお土産も一緒に販売しているので、韓国旅行の記念に購入してみるのも悪くないでしょう。

LCCなのに機内食が無料?!『JIN AIR(ジンエアー / 진에어)』

ジンエアー

韓国の大手航空会社、大韓航空のLCCであるジンエアー。

ジンエアー機内食

ジンエアーは、フライト時間が3時間以上の全ての路線に機内食を無料で提供しています (οдО;)

それに!フライト時間が3時間未満の路線中、’東京・札幌・沖縄’の路線にも無料で機内食を提供しています!

緑色のボックスを開けると、おにぎり、マフィン、チョコレート、ヨーグルト、フルーツなどが入ってますよ~

ジンエアー機内食

また、初めてのフライトで慣れない子供のためのキッズメニューもあるので、注文してみるのもありですね!

ただし、キッズメニューは1つしかなくて、韓国からの出発のメニューと日本からの出発のメニューが異なります。

ホットとアイスどっち?『EASTAR JET(イースター航空 / 이스타항공)』

イースター航空

イースター航空の機内食には、ホットな機内食(Hot Meal)と冷たい機内食(Cold Meal)で区別されています。

中距離の場合はホットな機内食を、短距離の場合は冷たい機内食をおすすめしていますね。

イースター航空機内食

韓国のLCC航空会社、イースターの冷たい機内食は、サーモン・サラダ・ロールキャベツなどのメニューやかぼちゃサンドイッチ、ハムとチーズのベーグルなどが人気です。

短距離に合わせて簡単でパッと食べれるので、食べる速度が遅い人には嬉しいメニューになっています ❛˓◞˂̵✧

イースター航空機内食

一方、ホットな機内食の人気メニューとしては、プルゴキライスや鶏肉のスパイシー炒めライスなどがあります。

中距離らしく、途中でお腹が空かないように、簡単な定食メニューが多いですね!

イースター航空の機内食は全部で18個のメニューになっていますが、他にもおやつやつまみのようなナッツ類も装備しているので参考にしてくださいね~

機内食のネーミングセンス最高『AIR BUSAN(エアー釜山 / 에어부산)』

エアー釜山

エアー釜山は、韓国の釜山を拠点とする地域航空会社で、上記で紹介したジンエアーと同じく無料で機内食を提供しています。

異なることがあるとしたら、無料機内食にもかかわらず、行先の路線によって7つのメニューがあるってことです!

ただし、‘東京・大阪・名古屋’の路線には機内食を提供しません。その代わりに、プレーンマフィンを提供します。

エアー釜山機内食

もちろん、機内食が無料で提供されない路線でも有料で販売もしているので、食べてみたい人はチケット予約時に一緒に予約してみるのもいいでしょう。

機内食の他にも、カップ麵やカップライス、飲み物などの販売もしています。

さっぱりして健康な味『AIR SEOUL(エアーソウル / 에어서울)』

エアーソウル

韓国のLCC航空会社の中で一番最近設立されたエアーソウルは、他LCCよりも座席の前後の間隔が広いというところを広報しながらどんどん成長している航空会社です。

また、’富山’や’名古屋’に直行路線を運行していて、乗り継ぎの不便さをなくせました。

それに、機内食もまた’健康’を考えたメニューが多いのが特徴です!

エアーソウル機内食

エアーソウルで販売している機内食には、健康弁当と言って、新鮮な季節フルーツとサラダで構成されていて、一番の人気メニューです。

フライト時間が短い日本から韓国の場合は、お腹いっぱいするより、簡単なサラダを食べるのもいいですね!

エアーソウル機内食

人気No.2のかぼちゃサンドイッチは、鮮やかな色で食べる前から楽しみを与えますね ´͈ ◡ `͈

繊維質が豊富なかぼちゃは、お腹の調子を良くするので、もし飛行機酔いする人にはおすすめします!

健康メニューが代表的なエアーソウルですが、もちろんプルゴキ弁当やハンバーグ弁当などのメニューもありますので、お好みで選んでくださいね~

機内食のトップ『tway(ティーウェイ航空 / 티웨이항공)』

ティーウェイ航空

韓国初のLCC航空会社で、なんと20個のメニューの機内食でLCCの中でもダントツトップのティーウェイ航空!

ただ単にメニューが多いだけじゃなく、ビジュアルも味も美味しいと評判になっていますよ~

ティーウェイ航空機内食

人気メニューは、韓国人も外国人も好きな「チキン+ビールセット」。

空を飛びながら味わうチキンはまた美味で、韓国旅行の思い出を作ってくれそうです ( •̀∀•́ )

でも、雰囲気によって過度な飲酒はダメですよ~!

フライト中は、高度も高く、地上との気圧の差もあるので、いつもより早く酔ってしまうんです。

ティーウェイ航空機内食

ティーウェイ航空の機内食のメニューは食堂レベルで、プルゴキ丼・ダブルハンバーグ定食・アワビお粥・プルゴキトルティーヤなど韓食と洋食の他に和食などさまざまな種類があります。

韓国のLCCの機内食比較まとめ

目で味わって、口で味わう韓国のLCC航空会社の機内食、いかかでしたか?

この記事を参考に、韓国旅行をする時、各LCC航空会社の機内食を比較してみるのも旅行のもう一つの楽しみになると思います!

航空会社によって機内食の事前予約締切日は異なっていて、行き先の路線やLCC航空会社の事情により変更がある場合もありますので、ホームページやお問い合わせでしっかり確認しておきましょう (ง •̀_•́)ง